テルストラがVPLS使う国際イーサネット接続サービスをアジア太平洋地域で開始

奥隆朗(編集部) 2005年08月30日 20時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テルストラ・ジャパンは8月30日、アジア各国に複数の拠点を持つ企業や通信事業に向け、アジア太平洋地域を結ぶ「国際イーサーネット・サービス」を開始すると発表した。シンガポール、台湾、中国、日本、香港をつなぐ。VPLS(Virtual Private LAN Service)と呼ぶ、MPLS(Multiprotocol Label Switching)網上でレイヤ2スイッチをエミュレーションする技術を用いてIP-VPNをイーサネットに置き換える。

テルストラ・グローバルビジネス・アジア リージョナルディレクター ジョン・パイタリディス氏

 VPLSは、IP-VPNを実現する方法の一つであるMPLSの仕組みを利用して、イーサネット・フレームを転送する技術である。VPLS網内部は、マルチポイントとマルチポイントとの間のメッシュ型接続となり、MACアドレスを学習する。このため、VPLS網を、あたかもレイヤ2スイッチであるかのように利用できる。イーサネット・フレーム自身にラベルを付与することで、MPLSがラベルスイッチする。

 従来、海外拠点との接続には、高価な専用線か、または安価だがIPを使うしかないIP-VPNが用いられていた。IP網を利用した広域イーサネット接続サービスや今回のVPLSは、IP-VPNと同等の料金で柔軟なネットワーク構成を実現できるのが特徴だ。通信事業者はMPLS網を持つだけで、MPLS網をIP-VPNサービスにもVPLSサービスにも使い分けられる。

 国際イーサーネット・サービスの契約帯域は1000/100/10Mビット/秒の3種類を用意する。アクセス回線には国内の広域イーサネット接続サービスを利用可能である。従来、海外拠点の接続に多用されてきたATM(非同期転送モード)は、45Mビット/秒など扱い難い特定の帯域幅での増設を余儀なくされる上に、最大622Mビット/秒までしか利用できなかった。国際イーサーネット・サービスでは、「東京と上海を2Mビット/秒で接続した場合、国際専用線サービスと比べて30〜40%のコスト削減になる」(アジア地域のディレクターであるジョン・パイタリディス氏)。

 今後は、国際イーサーネット・サービスを、北米地域を含むサービス未提供地域にも順次拡大する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化