Excelファイルからウェブアプリを自動生成、ジャスミンソフトが開発ソフト新版を出荷

日川佳三(編集部) 2005年08月31日 14時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Javaソフト開発ベンチャーのジャスミンソフトは9月20日、Excelファイルを表形式画面を持つウェブアプリケーションに変換する開発ソフトの新版「JasmineSoft Harvest R4.0」を出荷する。価格は1開発プロジェクトあたり10万円からで、次年度年間保守料は4万円から。

 Harvestは、Excelファイルで表現した表形式のデータ項目を元に、表形式画面を持つウェブアプリケーションを自動生成する開発ソフトである。生成したアプリケーションは表形式アプリケーションとしての基本機能を備える。Harvestの出力を、より詳細なアプリケーションを開発する際のひな型としても利用可能である。

 Harvestの入力はExcelファイルである。出力は、(1)Javaのソース・コード(*.java)、(2)Excel形式で表現したアプリケーションの定義ファイル、(3)Apache Jakarta Projectが開発したオープンソースのServletコンテナであるTomcatの設定ファイル、以上である。いずれも可読性の高いテキスト・データである。

 開発したアプリケーション本体は、ソースをコンパイルしたクラス(.class)と、クラスをまとめたアーカイブ(.jar)の形式で手に入る。Tomcatをインストールしたウェブアプリケーション・サーバにTomcatの設定ファイルとjarファイルを適用することで、ウェブアプリケーションの導入が完了する。

 新版であるR4.0では、データ項目とデータだけを持つExcelファイルをHarvestのアイコンにドラッグ・アンド・ドロップするだけで成果物を出力するようにした。つまり、開発作業がまったく必要なくなった。従来は、あらかじめアプリケーションの機能定義を独自の表記方法で入力ファイルとなるExcelファイルに含めておく必要があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR