他社製品を使っていても面倒見ます--技術者によるシステム保守サービスをサンが提供

ニューズフロント 2005年10月05日 17時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは10月5日、同社製ソフト上で動くシステムをサンの技術者が直接保守するサービス「サン・ソリューション・サポート・サービス」を提供開始した。同社の基盤ソフトだけでなく、他社の基盤ソフト上で運用しているシステムもサポートする。税別価格は2500万円から。

 このサービスでは、顧客が独自に開発・カスタマイズしたシステムをサンの上級エンジニアがサポートする。既存システムについて、顧客システムのアーキテクチャが適切かどうか、利用しているソフトがどのような稼働状態にあるのか、統合利用している製品群がどう相互依存しているのかなど調査し、システム保守性/可用性向上のための技術的アドバイスを実施する「Sun Solution Support Assessment」と、予防的なアドバイスをしたり、問題解決を図ったりする「Sun Solution Support Engineering Services」という2種類のメニューを用意している。

 対象となる基盤ソフトは以下のとおり。OSについては、Solaris以外にLinux、Microsoft Windows、HP/UX、AIXなども対象に含める。

  • Solaris
  • Sun Java System Messaging Server
  • Sun Java System Portal Server
  • Sun Java System Access Manager
  • Sun Java System Web Server
  • Sun Java System Application Server
  • Java 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)
  • Java 2 Platform, Standard Edition(J2SE)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!