次世代携帯電話に向けた動画ストリーミング配信システムを共同実験--アカマイとKLab

エースラッシュ 2005年10月13日 18時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アカマイとKLabは10月13日、共同で携帯電話網におけるストリーミング配信のフィールド実験を開始すると発表した。

 実験は、第3.5世代および第4世代の携帯電話における本格的なモバイルブロードバンド環境でのストリーミング配信システムを検証することを目的としている。

 アカマイのネットワークと、KLabが開発したFOMAシリーズ対応のストリーミング音声配信システム「モバラジ」を使用した、既存の第3世代携帯電話網の定額サービスにおける音声・動画のストリーミング配信実験となる。実験は10月中旬を予定している。

 モバラジは、第3世代携帯電話でパケット通信を利用して、ラジオ番組のように音声を長時間配信できる。音声と同期して、URL、テキスト、1秒間4〜5コマ程度の動画も配信できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR