サーバ向け無料LinuxディストリビューションのUbuntu最新版が公開

エースラッシュ 2005年10月14日 20時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ubuntu Teamは10月13日、Linuxディストリビューション「Ubuntu 5.10 "Breezy Badger"」をリリースしたと発表した。同時に、Ubuntu-jaプロジェクトでは「日本語版Ubuntu 5.10 インストールCDイメージ」のダウンロード提供を開始した。

 Ubuntuはデスクトップおよびサーバ向けに開発されたLinuxディストリビューション。商用ディストリビューションとは異なり、すべてを無料で利用することができる。最新の「Ubuntu 5.10 "Breezy Badger"」では、ネットワーク経由でUbuntuを起動できるシンクライアント技術の統合、OEMハードウェアベンダがユーザ情報を入力せずに使えるOEMインストーラサポート、ヘルプメニューからLaunchpad.netを呼び出せるLaunchpadの統合などが行われた。またデスクトップに関しても、「GNOME 2.12.1」「OpenOffice.org 2.0 beta 2」「X.org 6.8.2」をはじめとした多彩な新機能が追加されている。

 また、Ubuntu−jaプロジェクトでは今回の発表にあわせて「日本語版 Ubuntu 5.10インストールCDイメージ」のダウンロード提供を開始した。SCIMとAnthyによる日本語入力環境、日本語フォントの太字・斜体表示パッチを適用した「OpenOffice.org 2 Beta 2」など、日本語デスクトップ環境として使う上で有用なアプリケーションが含まれており、ライブCDイメージ、coLinux用イメージなども順次リリースしていく予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから