2つのシステムでDDoS攻撃を防ぐ「セキュアドトランジット」--NTT Comが提供

エースラッシュ 2005年10月19日 20時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは10月19日、ネットワーク型DDoS攻撃対策システム「セキュアドトランジット」を提供すると発表した。

 セキュアドトランジットは、DDoS攻撃検知機能「DDoSファインダー」と、DDoS攻撃防御機能「DDoSディフェンダー」で構成される。

 DDoSファインダーでは同社のグローバルIPネットワークを経由する指定パケットについてIPヘッダーの解析をして、DDoS攻撃を検知した場合にはユーザーにリアルタイムで通知する。また、DDoSディフェンダーはDDoSファインダーで検知された不正トラフィックを除去し、正常なトラフィックのみをユーザーのネットワークへ配送する。

 提供エリアは日本国内となっており、同社の提供する「グローバルIPネットワークトランジットサービス」および「コロケーション向けトランジットサービス」の付加サービスとして利用できる。料金は個別見積もりとなるが、DDoSファインダーについては参考価格として初期費用30万円、月額費用11万円としている。サービス開始予定日はDDoSファインダーが11月1日、DDoSディフェンダーが年度内の予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR