HP、世界各国で障害者メンタリング・デイ・プログラムを開始

WebBCN (BCN) 2005年10月24日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ヒューレット・パッカード(HP、マーク・ハードCEO兼社長)は、米国を 初めとする世界各国で、熟練者が技術や心がけについて指導する障害者向けメ ンタリング・デイ・プログラムを開始すると発表した。米国では、ヒュースト ンにあるHPキャンパスを障害を持つ学生に広く開放する。

 同プログラムは、将来のIT業界の戦力となる学生への認知度を上げるために 実施。ヒューストンでは、学生がHPの社員ボランティアの仕事に密着同行をし たり、HPの補助機能技術パートナー企業がHPの技術プラットフォームを利用し て製造した製品の展示を見て回るなどのプログラムを予定している。

 HPは、1999年から米国障害者協会(American Association of People with Disabilities、APPD)とパートナーシップを組み、米国障害者雇用強化月間や 障害者メンタリング・デイを支援してきた。また、これまで米国のみで行なっ ていたプログラムを全世界に広げ、世界に5億人と言われる障害者や高齢者の にとっての「使いやすさ」を向上させていく。

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小田晋吾社長)も、過去2年間、 養護学校生や大学生を対象として12月にメンタリング・デイを開催し、05年の 冬も開催予定している。さまざまな職種の社員ボランティアと共に、障害を持 つ社員が研修と業務を並行して行うSEEDセンターのメンバーがメンターとして メンタリング・デイを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR