Intrusion Sensorを利用した「不正アクセス監視サービスライト」--MBSDが販売開始

エースラッシュ 2005年10月27日 21時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は10月27日、「不正アクセス監視サービスライト」の販売を開始した。

 「不正アクセス監視サービスライト」はSourcefireの「Intrusion Sensor」を利用して、企業ネットワークに対する外部からの不正アクセスを監視するサービスだ。MBSDが3年間にわたり培ってきた不正アクセス監視サービスのノウハウを使って「大量のアラート処理」と「難解なアラート内容の把握」の支援を実施する。

 導入時には複雑な設定作業やシグネチャのチューニングは不要で、ウェブポータルを利用してすべての設定や情報確認が可能なため、簡単に取り扱える。不正通信があった場合には遮断し、アラート内容は日本語で確認できる。アラートの統計情報を取得することも可能だ。また、Sourcefireシグネチャの自動更新や、アラート内容に対する対策方法の確認、不正アクセス監視サービスへのアップグレードも可能となっている。

 価格はIntrusion Sensorの台数に応じて変化するが、Intrusion Sensor1000を1台利用している場合の参考価格は初期費用119万円、月額費用6万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?