ハンモックとネクステッジ、法人向けスパイウェア検出をSemi-ASPで無償提供

WebBCN (BCN) 2005年10月31日 13時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンモック(若山正美代表取締役)とネクステッジテクノロジー(坂本堪亮代表取締役)は、企業向けスパイウェア対策ソリューションで提携し、ハンモックのホームページにおいて、ネクステッジのスパイウェア対策ソリューション「スパイウェア ハンター」を11月1日から無償で提供する。同ソリューションは、Semi-ASP方式で提供される国内初のサービスとなる。

 「スパイウェア ハンター」は、ネクステッジのスパイウェア対策ソフトウェア「X-Cleaner」を利用したもので、(1)個々のコンピュータにインストールすることなく配布と実行が可能、(2)個々のユーザーが介在することなく、検出・除去が可能、(3)特定の技術に依存しないため、既存システムとの融和性が高く導入リスクが少ない―─などの特徴をもつ。

 利用にあたっては、まず、企業ユーザーが「スパイウェア ハンター」のサービスを年間契約し、無料でスパイウェア検出プログラムを入手(1企業1000クライアント以上の申込みについては別途問合せ)。この検出プログラムを企業内のコンピュータに配信し実行することで、各クライアントコンピュータ上で検出されたスパイウェアの感染情報を収集。その結果を、ハンモックが運営するWebサイトに自動的にレポートとして作成する。システム管理者は、いつでもこのスパイウェア検出レポートを閲覧、リセット、再収集することによって、企業内コンピュータの詳細状況をタイムリーに管理することができるようになる。

 さらに、有料サービスとして、スパイウェアの検出結果に基づいた除去サービスも提供。「スパイウェアの全除去」(1クライアント当たり525円/年)と「特定スパイウェアの選択除去」(1クライアント当たり840円/年)の2つのサービスを用意している。ハンモックのパートナー会社より販売、年間10万クライアントへの導入を見込んでいる。

 両社は今後、IT資産管理、情報漏えい対策などのPCライフサイクル管理ツールとして評価を得ている「Asset View HYPER」と連携することで、トータルなセキュリティ管理を実現していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?