日立、物理セキュリティと情報セキュリティの統合監視ソリューション

WebBCN (BCN) 2005年11月30日 11時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所 情報・通信グループ(日立、古川一夫CEO兼グループ長)は、セキュリティソリューション「Secureplaza」の目的別ソリューションのラインアップに、イベントインシデント&アクション「Secureplaza/EI」を追加、12月1日から発売する。

 同ソリューションは、オフィスやサーバールームへの入退室管理といった物理セキュリティの状況と、サーバーやイントラネットへのアクセスといった情報セキュリティの状況を、同社のセキュリティオペレーションセンター(SOC)に集約して分析、脅威が発生する可能性があると判断された場合に、SOCから企業の情報システム部門などへ通報や対策の指示を行い、情報漏えいやネットワークの破壊を未然に防ぐことを支援するサービス。物理セキュリティと情報セキュリティの統合監視によって、入室記録のない不正侵入者がPCへログインすることを禁止するなど、情報漏えいにつながるセキュリティ脅威に迅速に対応できるようになる。

 また、ウイルス情報やコンピュータセキュリティに関する情報を国内外の企業や団体と共有する同社の「インシデントレスポンスチームHIRT(Hitachi Incident Response Team)」の情報も活用し、日立のSOCに常駐するセキュリティ専門家が総合的に分析・判断。その結果、脅威が発生しうると判断すると、ネットワークの遮断やウイルス対策などの対処法をSOCから情報システム部門などに通知する。こうした的確な情報により、情報漏えいやネットワークの破壊といったセキュリティに関するトラブルを未然に防げるほか、トラブルが発生した場合も被害を最小限にとどめられる。

 なお、SOCを企業内に独自に設置するための「SOC構築サービス」も提供する。費用は、すべて個別見積もり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR