JPRS、トラフィック乗っ取りなど危険性の高いDNSサーバー設定を削除

WebBCN (BCN) 2005年12月06日 11時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本レジストリサービス(JPRS、東田幸樹社長)は、管理権限を第三者が取得する危険性のあるDNSサーバー設定の削除を06年1月から実施すると発表した。DNSサーバーの不適切な管理による危険性を解消するために行うもの。

 今回の措置では、DNSサーバーとして使用していたホスト名がドメイン名の廃止後もDNSサーバーとしてレジストリに登録したままであることが原因で、DNSサーバーが属するドメイン名の管理権限を第三者が取得し、本来のサイトとは異なるサイトに誘導できる危険性を低減させる効果が期待できる。

 同社は、この問題がインターネット全体の健全性確保にとって重要かつ緊急な問題であるとして、6月29日から一般を対象とした注意喚起を、8月4日からは該当する登録者や指定事業者を対象に、当該DNSサーバーの登録削除など適切なDNSサーバー運用の依頼を行ってきた。その結果、危険性のあるドメイン名は減少したが、不適切なDNS設定はドメイン名の廃止などにより新たに発生するため、レジストリとして根本的な解決策が必要と判断。DNSサーバー設定としてすでに機能していないものを削除する。

 なお同社では「JP以外のドメイン名を使用したDNSサーバー設定や、廃止されたドメイン名がすでに第三者に登録されているなど、今回の措置で対応できない危険性も存在するため、DNSサーバー管理者による適切な管理・運用の継続が、インターネット全体の健全性のためには必要となる」と呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR