ヴァル研究所、路線図の周辺情報が自在に見られる業務用路線検索システム

WebBCN (BCN) 2005年12月15日 11時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴァル研究所(鈴木和夫社長)はマウスで画面表示を動かすことができる路線検索サービス「駅すぱあと」の業務用システム「路線図ASP」を開発、12月15日から販売を開始すると発表した。

 「駅すぱあと」で検索して表示された路線図の周辺などをマウスで自由に移動、再表示できる。マウスで移動した部分の路線図データだけを取り込み、追加で表示していくことでスムーズな動きを実現した。従来は、表示したデータと再表示のデータの両方を取り込んで表示していたため、スムーズな動きは難しかった。不動産物件の検索サイトでの物件検索サービスや人材派遣サイトでの派遣先検索サービスといった利用を想定している。

 ヴァル研究所ではASP形式でサービスを提供する。価格は初期費用が84万00円、月額利用料は18万9000円。利用企業に合わせたオプションサービスも用意する。不動産業者や人材派遣会社などに販売し、初年度で50社の利用を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!