ブロードコム、IEEE 802.11nドラフト仕様準拠のWi-Fiソリューションを発表

CNET Japan Staff 2006年01月20日 20時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードコムは1月19日、IEEE 802.11nドラフト仕様に準拠した初のソリューションとなる無線LAN(WLAN)チップセットファミリ「Intensi-fi」の出荷を開始したことを発表した。Intensi-fiチップセットは、現在サンプル出荷中。

 Intensi-fiは、IEEE 802.11nドラフト仕様で定められた必須要素をすべて取り込んでおり、標準化作業が完了次第、正式な最終仕様にソフトウェアアップデートできるよう設計されている。

 IEEE 802.11nは、300Mbps以上のデータ伝送速度を誇り、既存の802.11より広範な通信範囲を提供。単一のデータストリーム向けに単一の送信機および受信機を利用することで、複数の送受信アンテナを介した複数の同時データストリームを可能にする。一般家庭の各部屋に高解像度映像を送信するのに十分な帯域幅、通信範囲、および信頼性が提供されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?