マイティーサーバー、WindowsOSを利用したレンタルサーバーサービスを開始

WebBCN (BCN) 2006年01月23日 11時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイティーサーバー(田中康明社長)は、「専用レンタルサーバー」のオプションサービスとして、WindowsOSを搭載したサーバーの予約受け付けを開始した。

 今回のオプションサービスでは「Windows2000Server」と「Windowsserver2003」、「SQL Server 2000」の3種類のWindowsOSを使ったレンタルサーバーを提供する。レンタルサーバー市場ではWindowsOSを使ったサーバーの需要が増加しているものの事業者が少ないことを背景に、マイティサーバーでは、他社に先駆けてサービスを提供することにした。

 価格は、初期費用が1万円。月額利用料金は、「Windows2000Server」「Windowsserver2003」プランが4900円、「SQL Server 2000」プランは2万9800円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?