スカイリー、組み込み用P2P無線通信ソフトにIP透過の新製品

ニューズフロント 2006年02月02日 16時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカイリー・ネットワークスは2月1日、組み込み用P2P無線通信ソフトウェアの新製品「DECENTRA Advance」の提供を開始すると発表した。2月上旬よりパートナー企業向けに先行提供し、2月下旬よりSDKとして一般提供を始める。

 パソコン、携帯情報端末(PDA)、家電製品などに、機器間の直接通信機能を実装する。新製品は、動作レイヤをIP層の下に移動。ネットワークが透過的に動作するよう改良を施した。

 既存のTCP/IPアプリケーションを修正せずに、アドホックネットワーク上で動作させることが可能。またカプセル化により、暗号化通信に未対応のアプリケーションにトリプルDES暗号化通信機能の付加を行える。このほかゲートウェイモードで動作させることで、メール送受信やウェブサイト閲覧機能などを提供できる。

 無線LANカードやドライバへの依存度が低く、さまざまな動作環境に対応するという。対応プラットフォームはWindows XP/2000、Windows Mobile 5.0/Mobile 5.0 software for Pocket PC、Linux。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?