STNとマカフィー、業界初の監視・診断一体の不正アクセス防止サービス

WebBCN (BCN) 2006年02月10日 11時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セコムトラストネット(STN、西村達之社長)は、マカフィー(加藤孝博社 長)と提携し、業界初となる監視と診断を一体化した不正アクセス防止サービ ス「セコム不正侵入検知/予防サービス」を開始すると発表した。

 新サービスは、STNが提供するWebサイトの脆弱性診断、24時間監視サービス とマカフィーの不正侵入防止製品「McAfee IntruShield」を組み合わせた。 「センサー」と呼ばれる監視機器を利用企業のサーバーと接続、機器からの情 報をSTNのセンターで監視して不正アクセスを防止する。ネットワーク環境の ヒアリングからセンサーの設置、24時間の監視や緊急時の連絡まですべてSTN が行う。

 不正アクセスを検知した場合には、ユーザーと事前に決めたポリシーに基づ いて接続の遮断・防御を行う。危険度が極めて高い不正侵入の場合は、即座に ブロックする。また、毎日実施する診断で脆弱性が発見された時には、問題点 の指摘と運用ポリシーに反映させることで導入企業のセキュリティレベルの維 持・向上を図る。

 料金はセンサーが200万円、導入作業が100万円から。月額利用料は25万円か ら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!