マイクロソフト、2月の月例パッチを予告--Windows Media Playerの脆弱性にも対処

文:Joris Evers(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里、河部恭紀(編集部) 2006年02月10日 12時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが月例パッチの一環として、米国時間2月14日に7件のセキュリティ情報を公開する予定であることを明らかにした。

 これらのセキュリティ情報のうち4件はオペレーティングシステム(OS)の「Windows」に関するもので、1件はWindowsと「Office」の双方に関連したものになる。また残る2件は、それぞれOfficeと「Windows Media Player」に関連した情報だという。

 Microsoftが9日に自社サイトに掲示した情報によると、これらのセキュリティ情報のうち少なくとも2件は、Microsoftの深刻度評価のなかで最も危険とされる「緊急」レベルに認定されているという。Microsoftでは、企業が前もってアップデートの準備にとりかかれるように、月例パッチの情報を事前に予告している。

 「緊急」レベルの修正のうち、1件はMedia Playerに存在し、残りはWindowsに関する4つのパッチに含まれると同社では述べている。

 Microsoftでは、ユーザーが特別な作業を行わなくても、悪質なインターネットワームが拡散し得るセキュリティ上の脅威を、常に「緊急」と認定している。

 同社によると、次回の月例パッチリリースでは、「Windows Malicious Software Removal Tool」の改訂版も提供されるという。同ソフトウェアは、ウイルスやワームなど、コンピュータに侵入する悪質なコードを検知/除去するものである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?