特集:プロセッサメーカーの歩む道

藤本京子(編集部) 2006年02月10日 22時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[特集] コンピュータの中核的な位置づけとなるマイクロプロセッサ。そのプロセッサメーカーとしてシェアを競い合っているのが、デスクトップPCからサーバ用のプロセッサまで幅広いラインアップを揃えるインテルとAMD、そしてエンタープライズサーバ向けのプロセッサを提供するサン・マイクロシステムズの3社だ。各社共にプロセッサを中核製品として提供しているが、戦略はさまざまだ。「特集:プロセッサメーカーの歩む道」では、3社の戦略を順に追った。



2006年、正式に「プラットフォーム企業」への変革を宣言したインテル。同社のプラットフォーム戦略とはいかなるものなのか。
2006年2月6日

Opteronの登場以来、サーバ市場にて顕著な伸びを示すAMDは、デュアルコア、64ビット、ワット性能などのキーワードで、シェア拡大を目指している。
2006年2月8日

システムベンダーの1事業としてプロセッサの開発を手がけるサンでは、アプリに合った適材適所のプロセッサを用意している。
2006年2月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR