SAPジャパンが支援するFLL参加チーム、2月19日に全国大会に参加

CNET Japan Staff 2006年02月17日 04時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは2月16日、米非営利団体FIRST(For Inspiration and Recognition of Science and Technology)とレゴが実践的なロボット工学プログラムとして開催する世界最大級のロボット競技会「FIRST LEGO League(FLL)」に、SAPジャパンが支援するチームが参加することを発表した。「FLL全国大会」は、2月19日に横浜ランドマークタワーで開催される。

 今回、SAPジャパンが支援するのは、SAPジャパンの従業員がメンターやコーチとなり、2005年11月20日に行われた関東大会で全国大会への出場資格を獲得した「SAP Edisons(SAPエジソンズ)」「SAP Eleven(SAPイレブン)」「SAP Light Bird(SAPライトバード)」の3チーム。これらチームは、FLLの規定に従い、高校生を除く9歳から15歳までの子どもたちで構成されている。

 全国大会で入賞したチームは、4月27日から29日までに米国で開催される「FIRST Championship」、5月3日から9日までにオランダで開催される「Open European Championship」への出場権を得ることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?