F5ネットワークス、WAN最適化製品の新版をリリース

WebBCN (BCN) 2006年03月01日 11時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F5ネットワークスジャパン(F5、ティム・グッドウィン社長)は、CIFS(インターネットファイル共有プロトコル)アクセラレーション機能を備えたWAN最適化製品「WANJet」の最新版「WANJet 4.0」を発売した。

 「WANJet」は、シングルデバイスでスループット最大毎秒622メガビット、最適化されたコネクションの同時接続を1万まで対応できるなど高い拡張性を備えたWAN最適化ソリューション。CIFSアクセラレーション機能でワード、エクセル、パワーポイントといったマイクロソフト社のソフトのリモートアクセスを含む、ウィンドウズファイルの共有を高速化できる。また、繰り返されるCIFSデータの転送をさらに高速化するために、F5の「TDR(Transparent Data Reduction)」技術と連携。WANリンク上で転送されるデータ量を最大95%まで削減して、アプリケーション・パフォーマンスが向上させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!