アールワークス、「MIRACLE LINUX」採用のASP型リサーチサービス

ニューズフロント 2006年03月23日 17時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アールワークスは3月23日、インターネットを利用したASP型リサーチサービス「Voice Spring」を3月31日より提供すると発表した。アプリケーションサーバなどにミラクル・リナックスの製品を採用し、アクセス集中時の処理速度や安定動作性、個人情報保護などのセキュリティ機能を高めたという。サービスプロバイダなどの需要を見込む。

 Voice Springはウェブ上でのアンケートの作成や管理、調査告知のメールの配信、回答の集計などが可能。またマーケティング支援会社などに向け、会員情報やポイント・サービスの管理機能を備える。このほかサービスプロバイダ向けのオプションとして、ヘルプデスクサービスやアクセスログ監査サービスも用意する。

 アールワークスのデータセンター上で、24時間体制でシステムを運用する。標準OSにミラクル・リナックスのLinuxサーバOS「MIRACLE LINUX」を採用。ウェブサーバとアプリケーションサーバに同社のセキュアOS「MIRACLE HiZARD」を搭載するほか、クラスタ製品として「MIRACLE CLUSTERPRO」を導入する。データベースソフトは「Oracle Database 10g」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?