京都府京田辺市、学校教育OSS実証実験に「Turbolinux」を採用

CNET Japan Staff 2006年03月27日 17時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは3月27日、京都府京田辺市の学校教育現場における、オープンソースソフトウェア(OSS)デスクトップ環境を活用するための実証実験において、デスクトップOS(オペレーティングシステム)に「Turbolinux FUJI」が採用されたことを発表した。

 このプロジェクトは、財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC)が実施する2005年度教育情報化促進基盤整備事業「Open School Platform」プロジェクトに内田洋行が応募し、実施されるもの。

 実証実験は、京田辺市の小・中学校3校において実施され、約650人の児童生徒が算数、社会、理科、総合学習の時間にOSSデスクトップを活用した学習を行う。学習においては、統合オフィスツール「StarSuite」をはじめ、画像処理ソフト、ブラウザ、デジタルカメラの操作などを学ぶ予定だ。

 また、京田辺市教育委員会によるリモートメンテナンスと訪問サポートを軸としたOSSデスクトップ環境の運用/サポートモデルを構築することも計画されている。これにより、OSSデスクトップ環境の実用性を実証し、運用/サポートにおける望ましいモデルの構築を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!