沖電気、コミュニケーションツール「eおと」「eえいぞう」を携帯電話市場に投入

ニューズフロント 2006年03月30日 19時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業は3月30日、既存電話網のIPネットワーク化などに向けたVoIP技術「eおと」と、映像処理技術「eえいぞう」のソフトウェアエンジンを同日より販売開始すると発表した。まずはACCESSとの合弁会社OKI ACCESSテクノロジーズと共同で、携帯電話市場に投入する。

 「eおと」はIPネットワーク上で高品質の音声通信を行う。ITUをはじめ各種標準化団体の定めた音声符号化方式に対応。携帯電話機をはじめ、固定IP電話機、パソコン、PDA用通話ソフトなどのさまざまなプラットフォームに組み込める。

 「eえいぞう」は、IPネットワークを介した高画質の映像データ伝送、再生に対応する。「MPEG-4」「H.264」などの映像符号化方式に準拠。テレビ通話機能付きの携帯電話機のほか、セットトップボックス(STB)やネットワークカメラ、IP対応テレビといった製品への組み込みに向ける。

 沖電気では、これらのソフトウェアエンジンを、OKI ACCESSテクノロジーズが開発した携帯電話ネットワーク向けマルチメディアサービス(IMS)技術などと連携。商品化するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?