NTT-AT、アクティブ型のRFIDシステムに新版、同時読取数と電池性能を強化

WebBCN (BCN) 2006年04月04日 11時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT、石川宏社長)は、オープンスペースで 約50mの通信が可能なアクティブ型のRFIDシステム「NIRE(にれ)」タイプ2を4月3日に発売した。また、同システムを利用し、屋内や地下街などGPSが使用 できないエリアに利用できる「位置検出開発キット」も同時に発売した。

【写真】

 05年12月に発売したタイプ1と比較して、さらに同時に読み取れるRFIDの数 を向上させ、対象物が密集するエリアでの読み取り精度が向上した。また、タ グの電池を従来比1.3〜2倍に長寿命化。送信周期3秒で約3年、送信周期30秒で 約7年を実現して運用コストを下げた。

 価格は、タグが1000個未満の場合で1個あたり税別4500円、リーダーは10台 未満の場合で1台あたり税別18万円。物品の所在管理・貸し出し管理システム や、商業スペースなどでの顧客の行動パターン把握、従業員管理などの利用を 想定。 通信距離の長さが特徴のタイプ1と、同時読み取り・タグの長寿命が特 徴のタイプ2をラインアップに揃え、顧客のニーズに合わせて提供する。オプ ションとして、次世代インターネットプロトコルであるIPv6に対応したリーダーやLANケーブルから電源供給が可能なリーダーも用意した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!