凸版印刷、博物館や美術館の収蔵品情報を管理するASPサービスを開始

ニューズフロント 2006年04月04日 15時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷は4月4日、博物館や美術館の収蔵品情報を管理するASPサービス「MuseScope(ミューズスコープ)」を開始した。各館ごとに専用システムを構築する手間を省き、ハードウェアおよびソフトウェアの設備投資を大幅に低減できる。

 凸版印刷のデータセンターサービス「TOPICA」を利用。収蔵品情報を、サムネイル画像、作品名、制作者、技法、材質、寸法といった項目に整理し、同社のサーバ上で一元管理する。

 博物館や美術館の職員は、ウェブブラウザからこれらの情報の登録、閲覧、編集、削除できるほか、CSV形式で一括出力することも可能。インターフェースは操作が容易で、専任のシステム運用者は不要という。また管理者、学芸員、職員、といった3段階の権限レベルを設定し、それぞれの役職に応じてアクセス制限をかける機能も備える。

 東京国立博物館などが推進する収蔵品情報管理の共通規格「ミュージアム資料情報構造化モデル」に準拠。同規格をベースに、館ごとに管理項目の拡張もできる。料金は初期費用が10万円から、年間利用料は96万円から。収蔵品情報の電子化などは別見積りとなる。

 凸版印刷は今後、同ASPサービスを利用する館同士の横断的な収蔵品検索といった、情報共有サービスも計画している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!