富士通、ビジネスグリッドコンピューティングの実証実験に成功

WebBCN (BCN) 2006年04月10日 11時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通(黒川博昭社長)は4月7日、日本経済新聞社(杉田亮毅社長)が運用 するニュースサイトの協力を得て、ビジネスグリッドコンピューティングの実 証実験に成功したと発表した。

 実証実験は、経済産業省が03年度から05年度の3年間で実施したビジネスグ リッドコンピューティングプロジェクトの一環で、05年8月-12月にかけ日本経 済新聞社のニュースサイトの擬似環境を使って実施した。

 「IAサーバー」「UNIXサーバー」などのプラットフォーム、「ウェブサーバー」「アプリケーションサーバー」「運用管理」「データベース」などのミドルウ ェアといったさまざまなメーカーのハードやソフトが混在するコンピュータ環境 を2社データセンターの分散した環境に構築。ビジネスグリッドミドルウ ェアで連携した。

 環境構築後、社会的に大きく注目されるような事件発生に伴う急激なシステ ム負荷増大時のサイト内・サイト間の負荷分散、首都圏での大規模災害発生し た時のニュース配信業務継続という2つでのビジネスグリッドミドルウェアの 実用性を検証した。

 その結果、高負荷や災害時に優先度の低い業務を減らし、優先度の高い業務 へ組み込む作業を自動化することで、所要時間を手作業の190分から35分に8割 短縮した。

 また、ITリソース拡張時の人手作業による人為ミスも削減。また、災害時の 業務継続に必要なバックアップシステムを自動的に立ち上げることで、待機サー バーが不要になるなどIT設備の投資を抑制できるといったこともわかった。

 富士通では今後、実験結果を同社が提供する統合運用管理ミドルウェア「Systemwalkerシリーズ」に取り込んでいく予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?