Toyota Motorsport、F1カーの設計プロセスにダッソーの「3D XML」技術を採用

CNET Japan Staff 2006年04月10日 21時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランス・パリに本拠地を置くDassault Systemesは4月6日、Toyota Motorsport GmbHがフォーミュラー・ワン(F1)カーの設計プロセスで採用しているCATIA V5ソリューションを強化することを目的に、3D XML技術を採用することを発表した。

 Toyota Motorsport GmbHでは、発表されたリリースの中で、「3D XML技術の採用により設計プロセスがさらにスピーディーになり、レース場のメカニックにより速く設計開発情報を伝達できるものと確信している。勝つチームになるという長期目標の達成に向け、大きな弾みがつくだろう」と述べている。

 Toyota Motorsportは、すでに行ったテストにより、3D XML技術が承認プロセスの改善に役立つことを確認しており、今後は設計開発全般に3D XML技術を導入していく予定。複数の2D図面を1枚の3D図面で置換できるので、図面を送信するエンジニアの時間を短縮できるほか、メカニックが部品をあらゆる角度から迅速に検討することが可能。チームの全員がノートPCで同時に必要なデータにアクセスすることができる。

3D XML技術で設計されたF1カー
3D XMLの導入により、複数の2D図面を1枚の3D図面で置換できるので図面を送信するエンジニアの手間が省ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR