NECなど、OSS利用し、GMOインターネット証券の基盤システムを構築

ニューズフロント 2006年04月24日 18時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECネクサソリューションズは4月24日、GMOインターネット証券に、オープンソースソフトウェア(OSS)を利用した基盤システムを導入したと発表した。オンライン証券取引サービスを支えるサーバ約60台のOSすべてを、レッドハットのLinux製品「Red Hat Enterprise Linux」で構成するなどし、費用対効果と拡張性を高めたという。

 OSにLinuxを採用するほか、アプリケーションサーバには「JBoss」、ウェブサーバには「Apache」を搭載。またデータベースソフトは「MySQL」、ウェブアプリケーションは「PHP」、メールサーバは「Postfix」、ネットワーク監視サーバには「Nagios」というように、随所にOSSを積極的に採用。「4カ月という短期間でシステムを構築した」(NEC)という。

 なお業務系サーバの基幹部には一部、オラクルのデータベースソフト「Oracle Database 10g」、NECのクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO」を用いている。

 GMOインターネット証券では同日より、この基盤システムをベースにした証券フロントシステムを稼動。口座開設の申し込みを受け付ける。5月12日から国内現物株式/制度信用取引を開始。その後は、同システム関連のAPIを公開するなどし、オンライン証券取引サービスを拡充することも検討するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!