PFUと日立電線、検疫ネットワークソリューションで協業

WebBCN (BCN) 2006年05月29日 10時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFU(広瀬勇二社長)と日立電線(佐藤教郎社長)は、PFUの検疫ソフトウェ ア「iNetSec Inspection Center」と、日立電線のネットワーク認証スイッチ 「Apresia」の連携動作を確認した。これをうけ、企業や大学における検疫ネ ットワークソリューションの提供に向けて協業を開始する。

 両社は、「iNetSec Inspection Center」と「Apresia」に関するパートナー プログラムに相互で参画し、検疫ネットワークに関するソリューションを開発 すると同時に、共同プロモーションを実施していくことで合意。同ソリューシ ョンを、両製品を取り扱うSI/NIベンダーを通じて提供していく。

 「iNetSec Inspection Center」と「Apresia」の連携による検疫ネットワー クでは、特にネットワークのエッジに近いポイントでのセキュリティ対策を実 現する。 両製品の連携にあたっては、「iNetSec Inspection Center」のもつ ネットワーク認証方式である「ゲートウェイ方式」として、「Apresia」独自 の認証機構「Apresia NA(Network Authentication)」を用いる。これにより、 クライアントPCに特別なソフトウェアをインストールすることなく運用可能な検 疫ネットワークシステムを構築し、ネットワーク環境や運用条件への適用性が高 いシステムの提供ができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!