イマヒマ、情報の共有・管理に最適な企業用Wiki「Confluence」日本語版

WebBCN (BCN) 2006年06月02日 11時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イマヒマ(ニラジ・ジャンジ代表取締役)は、豪Atlassian製の企業用Wiki「Confluence(コンフルエンス)日本語版」の販売を開始した。

 Wikiは、ブログのように簡単に配信でき、複数のユーザーが一つのWebサイ トを編集・維持することができるWebコンテンツ管理システム。誰でも自由に 書き込めるオンライン百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」で採用され ていることで知られる。

 「Confluence」は、この標準的なWikiにセキュリティ機能を追加し、多数の 部署やプロジェクトチームを持つ大規模な組織にも対応できるようにしたもの。 社内やチームの「情報共有管理ツール」として、ブログ(ニュース)投稿やメー ルアーカイブ、パーソナルスペースの作成など、身の回りのあらゆる情報の保存 ・共有・管理をConfluence上で一元的に行うことができる。

 コンテンツの追加・編集は簡単な操作でスムーズに行うことが可能。添付フ ァイルからコメント、ブログまで隈なく検索する強力な検索機能も搭載する。 ユーザーやグループ単位での細かな権限設定とセキュリティ設定も可能で、Atlassian製の課題トラッキングツール「JIRA(ジラ)」との互換性も備えた。

 ライセンスは、使用できるユーザー数の制限によって、チーム版、ワークグ ループ版、エンタープライズ版、アンリミテッド版の4種類を用意する。NPOや オープンソースプロジェクトには無料で、学術団体には定価の50%オフで提供 する。また、インストール後30日間、すべての機能を無料で試せる評価版も用 意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから