エクストリーク、国内初、Skypeと既存のPBXを連携させるアダプタ

WebBCN (BCN) 2006年06月13日 10時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクストリーク(松下和夫社長)は、インターネット電話ソフト「Skype (スカイプ)」と、すでに企業内で運用されている構内電話交換機(PBX)と の間に設置し、「Skype」と既存の内線電話を連携させる「VoSKY Exchange (ヴォスキ エクスチェンジ)」を6月6日に発売した。

 価格はオープン。実勢価格は20万円程度の見込み。既存のPBXと「Skype」の 機能を共有し、既存の電話機での「Skype」通話を実現したのは国内で初めて。 スカイプ着信をPBX信号に変換することにより「Skype」からの着信をあたかも 通常の電話着信のように内線電話で対応できるのが特徴。すでに運用されてい るPBXにSkype回線を割り当てることにより、「Skype」の無料通信といった導 入メリットをオフィスの内線電話システムに加えることができる。

 また「Skype」の機能だけではできない、内線固定電話への一斉着信や、着 信の保留・転送を実現。内線電話機から「Skype」への発信もできるほか、相 手先がSkypeIDを持っていなくても一般固定電話や携帯電話にかけることがで きる「SkypeOut」を利用することも可能。「エコーキャンセラー」機能を搭載 し、高音質通話も実現する。

 コントロールPC1台で4つのSkypeIDを管理でき、同時に4通話まで対応する。 「VoSKY Exchange」にはコントロールPCと「VoSKY Exchange」をつなぐUSBと、 「VoSKY Exchange」とPBXをつなぐRJ-11はいずれも4ポート装備している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR