グローバルナレッジ、新たなコンサルティングスキル研修コース3種類

ニューズフロント 2006年07月07日 17時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グローバルナレッジネットワークは7月7日、新たなコンサルティングスキル研修コース「ビジネス・ドキュメンテーションの基礎」「ロジカル・シンキングによる問題解決」「提案型セリング・プロセス」の提供を7月より順次開始すると発表した。戦略的システム提案を行うシステムインテグレータのITコンサルタントを対象とする。

 グローバルナレッジは「ITコンサルタントが高度な専門知識や分析能力を持っていても、解決策の効果を相手に伝える技術や、顧客の課題を引き出す能力がなければ問題解決には至らない」と述べ、提案能力やコミュニケーション力の重要性を指摘する。新3コースの概要と税込み価格は以下のとおり。

  • ビジネス・ドキュメンテーションの基礎:ビジネスシーンで発生するさまざまな文書を効果的に作成するための知識と技法を習得し、効果的なシステム提案能力の習得を目指す。2日間で10万5000円
  • ロジカル・シンキングによる問題解決:物事を論理的に考え、その結論をわかりやすく伝える能力を身につけ、顧客に対する問題解決ができるようにする。2日間で10万5000円
  • 提案型セリング・プロセス〜提案活動の基本プロセスを理解する〜:営業/提案活動がどの段階まで進んでいるかを把握するため標準的なセリングプロセスを参照し、自分自身のやり方や適性、個性などと照らし合わせながら、提案活動の円滑化を目指す。1日コース。5万2500円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!