日立ソフト、内部統制整備の進捗度評価サービス「SoxBench」

ニューズフロント 2006年07月10日 15時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは7月10日、内部統制整備に関する文書化レベルの把握や取り組むべき課題の明確化を行う評価サービス「SoxBench」の提供を開始した。価格は200万円からとする。

 SoxBenchは、企業における内部統制の整備作業を対象として、プロジェクト計画や文書化作業で作成される成果物の整備状況を調べ、整備レベルを把握する。さらに、今後取り組むべき課題を明確化し、整備作業の最適化を支援していく。

 具体的には、日立ソフトが事前ヒアリングを実施し、内部統制整備の進捗状況に応じて最適と思われる調査範囲を提案する。その後、実際に作業成果物を比較し、結果報告書で報告を行う。作業に必要な期間は1カ月からとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR