NEC、DWH専用装置「Netezza Performance Server」を発売

ニューズフロント 2006年07月15日 00時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは7月14日、米Netezzaのデータウェアハウス(DWH)向け装置「Netezza Performance Server(NSP)」の販売を開始した。DWHで必要とされるサーバ、データベース、ストレージの機能を1台でカバーできる。税別価格は4000万円台からとなる。

 NSPは、DWHの基本構成要素となるサーバ、データベース、ストレージという機能をまとめて提供する専用装置。「NPS8150z」というモデルの場合、1台に112個のデータ検索処理専用システム(SPU)を搭載し、Netezzaの非対称型並列処理技術などにより、「テラバイト級の大容量データを、他社の大規模DWHシステムと比べ最大50倍の速度で分析できる」(NEC)という。

 NPSはストレージも装置の一部として提供するため、ストレージ構成管理などが不要となり、運用および保守コストの削減につながる。データ分析に使うビジネスインテリジェンス(BI)ツール向けインターフェースを公開しており、ユーザーは使用するBIツールを選べる。

 NECでは、今後3年間で50システム、30億円の販売を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから