ウイングアーク、多次元高速集計検索エンジン新版と専用の機能拡張ソフト

WebBCN (BCN) 2006年08月24日 09時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク テクノロジーズ(内野弘幸社長)は、多次元高速集計検索 エンジン「Dr.Sum EA Ver2.5」と同エンジン用の機能拡張ソフト「Dr.Sum EA Datalizer for Web(ドクター・サム・イーエー・データライザ・フォー・ウ ェブ)」を8月25日から出荷する。

 「Dr.Sum EA Ver2.5」は、企業システムの大規模データを多次元集計・レポー ティングする検索エンジン。サーバー上のデータを検索し、エクセルやブラウ ザを使って集計、分析することができる。最新版では、管理者側の設定変更履 歴やアクセス履歴などのログ管理機能を強化したほか、操作性やデータ集計速 度など集計環境のパフォーマンスも向上させた。

 今回新たにラインアップした「Dr.Sum EA Datalizer for Web」は、集計結 果をブラウザ上で複数表示できるようにする機能拡張ソフト。複数の集計・分 析が同時に実行できるため、より複雑で高度な分析ができる。

 エクセル上で複数のデータ集計を同時実行できる機能拡張ソフト「Dr.Sum E A Datalizer for Excel」も「Dr.Sum EA Ver2.5」に対応し、集計スピードの 高速化を図った。なお、Dr.Sum EA Datalizer製品は、同じ定義で集計した分 析結果を、「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」でも「Dr.Sum EA Datalizer for Web」でも確認することができるため、環境に応じて集計結果を活用できる。

 税別価格は、1サーバーライセンスで「Dr.Sum EA Ver2.5」が200万円から、 「Dr.Sum EA Datalizer for Web」が100万円、「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」は50万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから