オープン型のソーシャルネットワーキングサービスって何?

ニューズフロント 2006年10月06日 21時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Beat Communicationは10月6日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のメンバー以外にもコンテンツを公開可能なSNSパッケージ製品「Beat MEDIA」の販売を開始した。

 Beat MEDIAは、SNSの内部だけではなく、外部にもマイページ、日記、クチコミ情報、コミュニティなどのコンテンツを公開できる「オープン型SNS」。日記のRSS配信やトラックバックも可能であり、ブログに近い使い方が可能という。

 一般的なSNSの機能に加え、日記のアクセスランキング機能や、ユーザーによるアンケート作成機能などを備える。また、従来のSNSと同様に、外部へコンテンツを公開しない設定も施せる。

 料金は、初期インストール費用が15万円、月額運用費用が15万7000円から。パッケージ販売も行う。オプションメニューとして、24時間365日の監視サービスも用意する。

 Beat Communicationは、2年間で500社への導入、5億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!