ソフトブレーンとウイングアーク、製品連携を開始--MIJSの計画、第1段階に

ニューズフロント 2006年10月14日 18時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトブレーンとウイングアーク テクノロジーズは10月13日、国産ソフトウェアベンダーの海外進出を目指すMIJSコンソーシアムが進める計画の第1段階として、相互の製品連携を開始すると発表した。

 ソフトブレーンの営業支援サービスパッケージ「eセールスマネージャー」と、ウイングアーク テクノロジーズの営業データ集計/検索エンジン「Dr.Sum EA」を技術連携させる。

 eセールスマネージャーは、営業員から携帯電話やPHSを介して業務報告を収集する。あらかじめ設定した項目について選択式で回答を求めるため、文章による報告のようなあいまいさを排し、必要とするデータのみを収集できる。

 今回の製品連携では、Dr.Sum EAがeセールスマネージャーから収集したデータを受け取り、データ可視化ツール「Dr.Sum EA Visualizer」を使って、ポータル上にグラフとして出力する。これにより管理者は、ウェブブラウザから必要なデータを直感的に把握、分析できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR