IBM、金融業界向けサービスのPalisades Technology Partnersを買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、福岡洋一 2006年10月23日 20時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間10月20日、抵当貸し付け業界向けにサービス提供と技術開発を行っているPalisades Technology Partnersを買収すると発表した。買収手続きは2006年末までに完了する予定だ。買収によりIBMは、Palisades Technology Partnersの持つコンサルティングサービス、システム統合サービスのほか、Webベースでの貸し付け業務用技術を手に入れることになる。

 今回の買収の目的は、IBMのビジネスコンサルティング業務、ITサービス、および金融業界向けソフトウェアを強化することだ。Palisades Technology Partnersは、世界でトップ10に入る金融サービス企業の半数にサービスを提供しており、そのサービスはサービス指向アーキテクチャ(Service-Oriented Architecture:SOA)とオープンソースを利用して開発されている。なお、買収条件の詳細は明らかにされていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR