Ubuntu開発を支援するCanonical、サンのGlassFishを配布へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、岩坂彰 2006年11月08日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxのディストリビューション「Ubuntu」の開発を支援するCanonicalが米国時間11月8日、Ubuntu Linuxサーバ上でのJava対応のため、Sun Microsystemsのオープンソースソフトウェア「GlassFish」を配布することを発表する。2005年にリリースされたGlassFishは、サーバ上で各種プログラムを稼動させる「Java Enterprise Edition」(Java EE)のオープンソース版だ。このソフトウェアは「Java Standard Edition」(Java SE)のコアコンポーネントをベースにしているが、Java SEに関しては、2006年中にオープンソース化開始の計画がある。GlassFishは、Apache Software Foundationの「Geronimo」やRed Hatの「JBoss」などのオープンソースソフトウェアアプリケーションと競合する。

 CanonicalはUbuntuを商用化しようとしており、その一環として、11月5日からUbuntuユーザーであるGoogleの施設(カリフォルニア州マウンテンビュー)でUbuntu開発者会議「Ubuntu Developer Summit」を開催している。またSunとCanonicalは、予想されたとおり、Sunの「Fire X4100」「Fire X4200」サーバおよび「Ultra 20」「Ultra 40」ワークステーションでのUbuntuの動作認定を発表する。これらのマシンはすべてAdvanced Micro Devices(AMD)製プロセッサ「Opteron」を搭載している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!