MS、中小規模事業所のIT活用を支援するサポートサービスを開始

CNET Japan Staff 2007年01月25日 19時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは1月24日、ITを導入した中小規模事業所を対象に、有効活用を支援するサポートサービス「マイクロソフト スマートビジネス プラス」の提供を開始した。

 同サービスは、すでに海外で展開されており、現在約16万人が会員になっているという。日本で展開するのは今回が初めて。提供開始にあたり、ITコーディネータ資格を保有する公認会計士や税理士の協力を受けた。

 同社ウェブサイト「スマート ビジネス センター」のサービスとして提供する。利用者は、認証情報のWindows Live IDを取得し、スマート ビジネスセンターの会員登録をすると無料で「トレーニング」「サポート」「ニュース」の3つのサービスを利用できる。

 コンテンツは、「営業」「マーケティング」「情報システム管理」「財務管理」の4つのビジネスシーンに対処できる知識を体系立てて学習できるラーニング形式から、Office製品などを学べるコースなどがラインアップされている。ヘルプコンテンツを検索できる「ITヘルプライブラリ」などのサービスも利用可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?