日本HP、データセンター向け冷却効率化サービス--空調電力コストを3割減

ニューズフロント 2007年02月05日 23時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月5日、データセンター向けの省電力化および空調コスト削減を図るサービス「HPスマート・クーリング・ソリューション」の提供を開始した。価格は個別見積もりとする。500平方メートル程度のデータセンターの場合、参考価格は400万円からとなる。

 同サービスは、データセンターの現地調査と顧客へのインタビューを実施し、集めたデータでエアフロー分析や温度分布シミュレーションを行い、冷却効率の改善につながるラックや空調設備の配置を提案する。日本HPでは、「空調が占める電力コストを30%程度削減できる」としている。

 冷却効率の改善は、電力コストの削減につながるほか、大量の排熱によるサーバ障害の可能性を減らし、サーバ運用の安定化が可能という。また、余力のできた電力をサーバ向けに供給することで、処理能力の高いサーバの導入や、サーバの追加などが可能となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから