ニイウス、ニュアンスと協業し、金融機関のコールセンターに声紋認証システムを提供

ニューズフロント 2007年02月09日 10時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニイウスは2月8日、音声/画像認識システム開発のニュアンス コミュニケーションズ ジャパンと協業に合意した。ニイウスの顧客である金融機関のコールセンター向けに、ニュアンスの声紋認証製品「Nuance Authenticator」を使った本人確認システムを提供する。

 1月の改正本人確認法施行などにより、金融機関が顧客の個人認証を強化する必要が増している。現在、金融機関のコールセンターでは暗証番号による認証が普及しているが、セキュリティがぜい弱で、電話でのやりととりが煩雑といった問題があるという。

 Nuance Authenticatorを使った本人確認システムでは、電話を通じて顧客からパスワードを聞き取り、声紋を認証する。声紋の一致のみを調べるため、言語や語いに依存せず、顧客が覚えやすいパスワードを設定可能。また従来の暗証番号方式に比べ、本人確認にかかるオペレータの通話時間削減を図れる。

 既存コールセンターへの導入に対応するほか、ニュアンスの音声自動応答プラットフォーム「Nuance Voice Platform」を使った新規コールセンターの構築サービスも提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!