NEC、携帯電話向けメッセージサービスの統合製品「IP Messaging」を製品化

ニューズフロント 2007年02月13日 07時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは2月9日、複数の携帯電話向けメッセージサービスを統合する「IPメッセージングソリューション(IP Messaging)」を製品化し、海外の携帯電話キャリア向けに提供を開始すると発表した。

 IP Messagingはサーバ/クライアント型製品で、携帯電話番号を使ったインスタントメッセージサービスを提供する。従来は連動性のなかったSMSやMMSとの統合が可能。IP Messagingを利用する携帯電話ユーザーは、通信相手のキャリアやメッセージサービスの種類を気にせずコミュニケーションがとれる。ユーザーの状態に応じた情報を表示するプレゼンスサービスや、静止画、動画などを使ったマルチメディアサービスとの組み合わせにも対応する。

 海外では携帯電話向けメッセージサービスの多様化や端末機能/性能の高度化が進む一方、ユーザー間の通信が煩雑になっている。IP Messagingでは、ユーザーが通信相手によって異なる操作をする手間を省き、メッセージサービスの利用を促進する。

 携帯電話キャリアにとっては、パケット通信料金収入の拡大や、位置情報などプレゼンスサービスのオプション利用増加が見込める。また携帯電話で複数の通話を切り替える「PoC」などIMS基盤の高付加価値サービスへの移行も期待できるという。

 NECでは同製品を、2月12日からスペインのバルセロナで開催される携帯電話関連の展示会「3GSM 2007」に出展する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから