NEC、IT機器の資産情報管理ソフト「WebSAM AssetSuite」の強化版

WebBCN (BCN) 2007年02月22日 12時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、IT機器の資産情報管理ソフト「WebSAM AssetSuite(ウェブサム・ア セットスイート)」で、複数のプラットフォームの管理に対応する強化版「同 Ver.1.2」を発売した。価格は26万円から。今後3年間に100システムの販売を 見込む。

 「WebSAM AssetSuite」は、メモリやHDDの搭載容量などハードの構成情報や、 ソフトのインストール状況といったインベントリ情報をネットワーク経由で自 動的に収集し、統合的な資産管理を実現するソフト。IT機器のほか、携帯電話、 机やキャビネットといった什器の情報まで集中的に管理でき、リースや保守契 約、ライセンス情報と連携した資産管理を行うことも可能。契約終了期日に合 わせた「アラーム通知機能」も搭載しており、契約更新や返却忘れを防止でき る。

 強化版では、対象OSを従来のWindows XP/2000、Windows Server2003に加え、 Windows NT4.0/Me/98/95へと拡大。UNIX(HP-UX)やLinux(Red Hat Enterprise Linux AS)などサーバー用OSも一元管理できるようになった。07年度上 期中にはMac OSにも対応する予定。

 セキュリティパッチなどソフトの配布・実行機能を新たに搭載し、クライア ントPCの状況を把握して必要なソフトを更新するなど、PCを最適な状態に保つ ことができる。内部統制強化を支援するため、「WebSAM AssetSuite」のアプ リケーション配布機能と運用プロセス管理ソフト「ClearSoXit(クリアソキッ ト)」を組み合わせたアプリケーション変更管理も強化した。

 ITの幅広い浸透にともない、IT機器やソフトを資産として管理し効率的に活 用するだけでなく、ソフトの不正利用を抑止し、企業コンプライアンスを遵守 することが求められている。今回の強化版では、設置機器の台数把握、ソフト のバージョン管理、ライセンス管理、リース・レンタルの契約期日管理、ユー ザー管理や証跡管理など、さまざまな情報を統合的に管理したいという市場ニー ズに対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR