Second Life、Google Apps ---既存の枠組みを破壊する仕掛け(新着ブログより)

ZDNet Japan編集部 2007年02月27日 00時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国であるとか、企業であるとかいったものは、システムで言えばOSのようなもので、人々はその基盤の上で様々な活動をしている。これらの基盤は、基本的な動作のルールや安全保障の仕組みなどを規定してくれているので、我々は安心して活動することが出来るのである。我々はそれを活用している一方で、ある意味国であるとか企業であるとかいうものに囲い込まれているとも言える。こうした仕組みにどっぷり浸かれば居心地が良く、これを変えるには精神的にも体力的にも大きなエネルギーが必要となるからだ。

企業、国家の枠組みを超える

 しかしながら、ブログ、SNSに始まり、3次元仮想世界である"Second Life"に至る、オンライン上のコミュニティ形成は、従来の国や企業といった囲い込みの枠組みを超越するものである。ブログやSNSは、企業などの既存のコミュニケーション・エンティティの枠を取り払い、それとは異なる新しい枠組みを構築してきた。オープンソースのコミュニティの発展というものも、こうしたオンライン上での協働開発及びコミュニケーションのインフラが整ったことが1つの成功要因と言えるだろう。このようにオンライン・コミュニティが活発に形成される環境下では、新しい価値の創造も企業という枠組みを超え始める。

(全文はこちら--「エンタープライズニュースの読み方」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR