インターコム、HDDの故障監視とバックアップをネットワーク経由で集中制御するソフト

ニューズフロント 2007年02月27日 20時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターコムは2月27日、ネットワーク経由でPCやサーバ、NAS装置のハードディスク(HDD)を監視し、HDDクラッシュによるデータ損失に備えるデータ保全ソフト「SmartHDD Manager」を発表した。5月31日に販売を開始する。

 SmartHDD Managerは、WindowsベースのPCやサーバ、NASに接続されたHDDの監視とデータバックアップを集中管理するソフト。ネットワークを介して、最大2000台のHDDを監視できる。

 HDDの監視は、HDDの故障診断機能S.M.A.R.T.を利用する。故障年月日を予告するほか、特に危険性の高い状態を検出した場合は、警告メール送信やオプションのパトライト点灯が行える。

 また、各HDDのデータバックアップは定期的に実行するが、故障予定日の近いHDDについては、バックアップ頻度を自動的に上げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!