東芝、顔照合システム、歩いていても本人確認ができる、ビルの出入口などに

WebBCN (BCN) 2007年03月09日 11時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は、対象者が歩行中でも本人確認が行える日本初の歩行顔照合システム 「SmartConcierge(スマートコンシェルジュ)」を発売したと発表した。

 01年発売の顔照合セキュリティシステム「FacePass(フェイスパス)」を基 にした新システムで、オフィスやマンションの出入口などに設置するもの。カ メラからおよそ5m離れた場所まで映す広範囲の映像から顔を検出する「顔検出 技術」を新たに開発。あらかじめ登録した顔データと実際の顔を比較して識別 する技術「相互部分空間法」を改良することで、歩きながらの認証を可能にし た。顔データの登録は、管理者の操作の下で、カメラ付きのユーザーインター フェイス(クライアント)の前で1度歩行すれば完了する。

 対象者がカメラの前にいなくても顔照合ができ、2-3m離れた場所にいる場合 でも約1秒で検出・照合を行う。広視野角のカメラを使用するので対象者の身 長は1-2mまで撮影可能で、子どもや車椅子の利用者、大人まで使用できる。

 顔画像は管理PCにリアルタイムで送信できるので、来訪者の通過を知らせる 来場通知システムや通過履歴として活用できる。顔画像の登録数は1対1の照合 モードで最大2000人。また、遠隔操作でドアの解錠をすることも可能。クライ アントは壁掛型と据置型があり、1システムで最大16台まで接続可能。価格は クライアントUI部(壁掛型)、クライアント制御部、管理用PC、データベース をセットにした最小構成で270万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?