グーグル、「グーグルはぼくの話を聞いてくれるだろうか」氏の話を聞く(新着ブログより)

ZDNet Japan編集部 2007年03月09日 12時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleに自分のアイディアを売り込むまでの過程をウェブサイト「cangooglehearme.com」で公開してきたAaron Stanton氏が、近々新たな発表を行うそうだ。発表を行うことを決めたあと、同氏が新しく「googleheardme.com」というドメイン取得した事実から想像するに、どうやらGoogleは同氏の意見をほんとうに聞いたようである。

 Stanton氏は、ものを書くことを趣味としている。同氏の個人的なウェブサイト「dreamwithme.net」では、次のような思いが語られていた。

 おそらくほかの人たちはまったく興味を抱かないだろうが、自分としては何より大切にしてきたこれまでの著述作品が、このサイトに掲載されている。数本の短編とわたしに関する情報、昔に書いた(恥ずかしい)ポエムなどを紹介しようと思う。

(全文はこちら--「グーグリングGoogle」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから