ソフトエイジェンシー、MySQLデータベース向け暗号化アプライアンスを販売へ

ニューズフロント 2007年03月16日 18時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトエイジェンシーは3月16日、オープンソースデータベースMySQL向け暗号化アプライアンス製品「Security-GENERAL for MySQL」の販売を3月23日に開始すると発表した。

 Security-GENERAL for MySQLは、MySQLのデータを暗号化することで情報漏えいなどを防ぐ米Packet General Networksの製品。運用中のデータだけでなく、過去のデータおよびバックアップデータもすべて256ビットAESで暗号化する。製品には、MySQLをプリインストールしてある。

 管理作業を行うには、装置へのUSBハードトークン接続が必要。そのため、バックアップや装置自体が外部に持ち出されても、データは流出しないという。

 税込み価格126万円からとなる標準モデルの「SG-2000」と、268万円からのハードSSLアクセラレータ内蔵のハイエンドモデル「SG-5000」を用意する。また、ソフトウェア「SG-SOFT」も94万5000円からで単体販売も行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから