NEC、SANストレージ「iStorage S4900」で米オラクルのH.A.R.D.データ保護認証を取得

ニューズフロント 2007年03月22日 22時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、SANディスクアレイ製品「iStorage S4900」で、米Oracleのデータ保護機能に関するガイドライン「Hardware Assisted Resilient Data(H.A.R.D.)Initiative」の「Oracle Database 10g」対応認証を取得した。NECとOracleが3月22日に明らかにしたもの。

 H.A.R.D. Initiativeは、SAN環境でOracleデータベース向けデータ保護機能を提供するための包括的なガイドライン。「データの破壊を予防し、データ高信頼性を確保するために、より優れた手段を提供するOracleのストレージパートナー向けプログラム」(NEC、Oracle)

 両社は、Oracle Database 10gとiStorage S4900にNECのデータ保全性確保ソフト「DataTrusty for Oracle」を組み合わせ、H.A.R.D. Initiativeで要求されるデータ保護の有効性を検証した。同ソフトは、データ伝送レベルのデータチェックだけでなく、Oracleデータベースの構造を識別して高いレベルの論理的チェックを行うことで、データ破壊を防止できるという。

 検証作業の結果、iStorage S4900は業界初のOracle Database 10g対応認証を取得した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!